いつでも・どこでも・誰でも楽しめる体操の普及活動を行っています

デンマーク体操とは

  • HOME »
  • デンマーク体操とは

デンマークのニールス・ブックはスウェーデンの体操の精神を受け継ぎながらも、矯正的な運動の重要性を説き、 新しい解釈を加えてそれまでの体操を改革しました。特に、振動形式の動作を多く取り入れ、運動の流れをリズミカルにしました。 現在広く日本人に親しまれるラジオ体操が創られた時、このリズミカルなデンマーク体操は大きな影響がありました。

デンマーク体操の3つの柱

基本体操
からだの硬化・筋力不足・不器用の3大欠点を改善するための体操
リズム体操
アフタービートのリズムに乗せて、身体各部を自由に動かすことによって躍動感を楽しむ体操
手具体操
手具をからだの一部として利用することによって可動範囲を広げ、動きの効果を高めるのに役立つ体操

具体的なねらい

強壮性(必要な力が出せる)
筋肉の弱さを補強する
柔軟性(各部の可動範囲を広くする)
硬化した筋肉、関節の可動を滑らかにする
巧緻(こうち)性(機能性が高く巧みに速く動ける)
不使用のため錆び付いた神経伝達機能を回復させる

作品紹介

デンマークオレロップ体育アカデミー「ヘリィエ」による講習会より

お気軽にお問合せください TEL 06-6762-2424 受付時間 10:00~17:00(木・日・祝日除く)

  • メールでお問い合わせはこちら
Copyright © NPO法人 日本デンマーク体操研究会 All Rights Reserved.